So-net無料ブログ作成

「先生のための手描きイラスト練習帳」イラストは苦手!でもちょっと描けるようになりたい! [制作室]

表紙.png

3月に出版しました「先生のための手描きイラスト便利帳」
新年度もはじまり、おかげさまで順調に販売数を延ばしているとのうれしい報告をいただきました。
ありがとうございます。
今日から何度かに分けて内容のご紹介や使い方ワンポイントなど更新していきたいと思います。

1.イラストは苦手!でもちょっと描けるようになりたい!

●基本の顔のイラストから描いてみましょう!
まずはかんたんにかけるマルを使った顔のイラストから。
顔のイラストだけでもたくさんメッセージを伝えることができます。

輪郭→前髪と耳→顔のパーツの順で描くとバランスよく描けます。
顔の中心にえんぴつで薄く十字線を描いておくと描きやすいです。
目の位置を中心を十字線より上にすると大人っぽくなり
十字線より下の位置にすると子どもっぽいかわいい印象になります。
かんたん顔イラスト.png

●伝えたい表情を描いてみましょう!
まゆや口、目など顔パーツの形や位置のちょっとした違いで微妙な表情の違いが出せますよ。
本書には、パーツごとに色々な表情のバリエーションや、表情によって伝えられるメッセージなど
詳しく掲載されていますのでぜひ手に取ってみてくださいね。

かんたんイラスト_表情.png


表情イラスト_サンプルページ.png

ワンポイント.png


最初は丸い顔の輪郭を描くのは難しいかもしれませんが、少々いびつでもOKです。
それが逆に「手描きイラスト」の味になります。
どんどん気にせず描いてみましょう(^^)/

メッセージといっしょにちょっとした手描きイラストを添えるだけで
あたたかいことばになります。
新学期、ぜひ、こどもたちとのコミュニケーションに役立ててくださいね。


次回は「かんたん似顔絵」の描き方ページのご紹介です。




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0