So-net無料ブログ作成
お気に入り ブログトップ
前の10件 | -

僕らの畑を耕そう 〜キャンディードより〜 [お気に入り]

1日のテレ朝「題名のない音楽会」は“東日本大震災復興応援〜今、音楽にできること2”
終盤、佐渡裕さんが選んだ曲は自身の師であるバーンスタインの「キャンディード」から
最後に歌われる「僕らの畑を耕そう」でした。

「君は愚かだったし僕もそうだった。でも、ぼくらは家を建て森を拓くそして僕らの畑を耕すんだ。
だからこそ力を合わせて、何かできることをやろう」(※題名のない音楽会より)
と歌われています。

キャンディードで一番よく演奏され有名なのは本編が始まる前の序曲で
現在では佐渡さんの代名詞のような曲になっていますが
ラストで歌われるこの曲もいいですよねー。

実は5〜6年前に観に行った宮本亜門氏演出の「キャンディード」公演で
実際にこの曲を会場で聴いているのですが
震災後の今聞くと当時とはまた違う強い意味を持って私の中に入ってきました。
この放送は週末の7日、8日、BSで再放送があるはずです。
おすすめですので興味のある方はぜひご覧になってください。

You Tubeを探していたら、バーンスタイン本人がタクトを振っている演奏があったので
リンク貼っておきますね。
(とても感動的な演奏なんですけど最後でゴンクとティンパニ(だと思う)がちとズレちゃったのが残念。)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワクワクする本 Paper MadeーArt,Craft,and Design [お気に入り]

Paper Made ― Art, Craft, and Design    紙から生まれる新しいかたち

Paper Made ― Art, Craft, and Design    紙から生まれる新しいかたち

  • 作者: Adeline Loh
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2010/07/27
  • メディア: 単行本





久しぶりに本の紹介です。

地震をきっかけに電車に乗って都心まで出るのがなんとも億劫でどうも引きこもり気味。

買い物も通販中心、仕事の資料集めもネット中心だったりしたのですが

やはり自分の足で歩いて自分の目で確かめて探すのが大切です。


先日目新しいものはないかと書店、画材店を何軒か見て歩き、偶然見つけました。

こんないい本が昨年出ていたなんて知らなかったのがくやしいぞ〜。


3〜4割ぐらいのアーティストの作品は知っていましたが

これだけまとめて紹介されると圧巻です。

紙の可能性が自分の中でもじわじわ広がるのがわかりました。


私もこんなことしてちゃいけませんね。

作品つくろう!がんばろう!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アリス・イン・ワンダーランド [お気に入り]

arice.jpg

更新が前後してしまったのですが
先週末、「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきました。
週末なのでもちろん満席、すごい人気ですね。

なのに、前半は眠くて眠くて…
始まってから思い出したのですが
私、ディズニーアニメの「不思議の国のアリス」
映画の中では、苦手なタイプだったのでした…。
何度観ても舟を漕いでしまう(笑)

ジョニー・デップとティム・バートンにつられて観たものの
やっぱり、眠いものは眠い。
しかも、ティム・バートン独特の画面全体に広がる美しいけれどもダークな世界が
さらに眠気を誘います。

こんなに眠い眠いと書いてはいますが…
でもなかなか楽しめました。(なんか矛盾シテマス?)。
“凛々しいアリス”は頼もしいし、
それと青虫の声(声の出演はハリーポッターのスネイプ先生、ねっとりした感じはピッタリ)と
ジャック・スパロウと同じ“笑い方”と“走り方”をするマッド・ハッターには注目。

ただ…もうひとつ言わせていただくなら
200円よけいに払って3Dで観る価値があるかというとちょっと疑問でした。
2Dで充分って気もしましたが、観た方々、いかがでしょう?

3D3Dって騒いでるけど、どうなんだろうなあ〜。


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

パーフェクトプログラム [お気に入り]

パーフェクトプログラム―日本フィギュアスケート史上最大の挑戦

パーフェクトプログラム―日本フィギュアスケート史上最大の挑戦

  • 作者: 田村 明子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本






  • 3月31日の記事最後の方で田村明子さんのこの新刊についてちょっとふれたら
  • 思いのほかたくさんの方が「パーフェクトプログラム」「田村明子」という検索ワードでこちらに来てくださいました。

  • そこで参考になるかどうかわかりませんが、読後の感想を。
  • 思った以上にかなり深いところまで、書かれているように思いました。
  • 全体の約半分はバンクーバーオリンピック直前から結果に至るまでの内容だった事には正直びっくりしました。
  • Nunberに書かれたリポートと重なる部分があるといえ、半分ぐらいはこれだけ濃い内容のものをおそらく
  • 2週間程度で書かれたことになります。

  • 採点の問題、4回転の問題、日本選手それぞれの思いや
  • また真央ちゃんが「鐘」を演じ続けるに至った状況は特に感銘を受けました。
  • その中で、ローリー・ニコル(今回ライサチェクやパトリック・チャン等の振り付けをした方ですね)が
  • 真央ちゃんを心配して涙したエピソードなどなど、実際に読んで
  • 真央ちゃんがいかに世界中のフィギュア関係者から愛されているかがわかりました。
  • あと、音響の問題。
  • 小塚選手の音響ミスは問題になりましたが、その他にも
  • 選手によって(特に高橋選手を含む北米選手のライバルに対して)音がかなり低かった事を
  • 指摘されており、問題提議しています。
  • 日本ではまずありえないこと。

  • 私は夢中で一気に読んでしまいました。
  • 今この時期に読まれるととても感じるところの多い本だと思います。
  • どの選手に対しても愛情を持って、けれども主観をおさえた冷静な文章で書かれていることに
  • 大変好感をもちました。
  • おすすめです。

 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コララインとボタンの魔女 [お気に入り]

Coraline [DVD] [Import]

Coraline [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD








3-Dの映画が話題になっているようなので
久しぶりに映画館に行ってきました。

3Dの映画っていつの間にかなくなってしまったけれど、昔もありましたよね?
私が覚えているのは「ジョーズ3」。
ストーリーの記憶なんて、まったくなくて
ジョーズに食いちぎられた人の足の切り口がこっちに向かってきて
気持ち悪かったことだけ、はっきり覚えていて(笑)
「こんな趣味の悪い3D映画2度と見るか!」と思った記憶があります。
あれから20数年たって、なぜ今頃また復活なのか詳しいことは?なままですが
きっと随分よくなっているんだろうと期待しながら行きました。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美味しいバタートーストの作り方 [お気に入り]

「かもめ食堂」という映画が私は大好きで
映画の中では美味しそうな料理がたくさん紹介されています。
私の一番のお気に入りは「おにぎり」ですが、次に気になっていたのが「豚肉のショウガ焼き」
そのレシピを紹介しているのがこの映画のフードスタイリストをしている飯島奈美さんの
この本です。お料理レシピ本ですがエッセイとしても面白いです。


LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)

LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)

  • 作者: 飯島 奈美
  • 出版社/メーカー: 東京糸井重里事務所
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 単行本





続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

小型カッティングプロッタ CC330 [お気に入り]


グラフテック 小型カッティングプロッタ CC330-20

グラフテック 小型カッティングプロッタ CC330-20

  • 出版社/メーカー: グラフテック
  • メディア: エレクトロニクス


ってことで、さっそく気持ち切り替えてコッチを購入。(結局amazon)
ま、今の私にはこちらで十分ってことなのかもしれませんね〜。
これで使い勝手がよくて、もっと頻繁に使うようなら
A3タイプも考えましょうかね。



なんだかむしゃくしゃしたのと、予算が少し浮いたので
欲しかったこの本もいっしょにポチッとしました。
こちらは現在在庫切れなので、楽しみに気長に待つことにします。

Architectural Origami: Create Models of the World's Great Buildings

Architectural Origami: Create Models of the World's Great Buildings

  • 作者: Maria Garrido
  • 出版社/メーカー: Apple Press
  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: リング製本



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

おばさんの星 [お気に入り]

mixiの友人のサイトで紹介していたYouTubeの画像です。
7分間でこんなに感動するなんて…驚き。
またあのポール・ポッツのようになるのかなあ。

※ノラおじさん、早く更新したくて事後承諾でごめんなさい〜!

http://www.youtube.com/watch?v=luRmM1J1sfg&feature=related


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりにトルコ料理 [お気に入り]

週末は、以前「女だらけの餃子大会」「女だらけのカレー大会」などで
ご一緒したひとりが就職で帰省されるということで最後のお食事会と壮行会をかねて
阿佐ヶ谷トルコ料理の店「イズミル」に行ってきました。

私は何度か行っているのですがこのお店とてもおいしいのです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「赤めだか」 [お気に入り]


赤めだか

赤めだか

  • 作者: 立川 談春
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2008/04/11
  • メディア: ハードカバー



人によっては面白すぎて一気に読んでしまうという落語家 立川談春のエッセイ。
私は一気に読むことはできなかったけれども夜寝る前にちょっとずつ読み始めました。

師匠である立川談志が初めて稽古をつけてくれた場面で言った言葉。
「よく芸は盗むものだと云うがあれは嘘だ。盗む方にもキャリアが必要なんだ。最初は俺が教えた通り覚えればいい。盗めるようになりゃ一人前だ。時間がかかるんだ」(立川談春「赤めだか」より)
なるほどなあ〜

落語の世界を自分のいる業界に置き換えてみる。
私もペーパークラフトは最初その道のプロである先生から教えてもらうところから
入りました。
私は生意気にも2年足らずで「もう卒業させてください」とお願いし、
それに対し先生は「あなたにはまだ卒業証書をあげるだけの技術はないから卒業はさせられない」
とおっしゃったので
「わかりました。じゃあやめさせてください」とその教室を去りました。
今思えば先生の言うとおりで、先生の技を盗むどころか盗むだけの技術すらなかった気がします。
今でも先生には心から感謝していますし、尊敬しています。
もちろんあの2年がなければ今の自分の仕事は成り立ってはいません。
あれから約8年、随分あっちこっち遠回りしたけれど
盗めるだけの技術とキャリアぐらいは自分にも身に付いただろうか…

な〜んてことが、この本を読み始めて頭をかすめたのでした。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - お気に入り ブログトップ